さいたま市北浦和つくし鍼灸マッサージ院、鍼灸の特徴について

埼玉県さいたま市北浦和のつくし鍼灸マッサージ院では肩こりや腰痛、膝の痛み、四十肩などの筋肉が原因の痛みに対して鍼灸やマッサージの施術をしています。

寝違いやぎっくり腰などの急性炎症から肩こりや慢性的な腰痛、膝の痛み、四十肩などの慢性的なコリや痛みまで対応しています。

肩こりや腰痛、膝の痛みなどは突然なるわけではなく日々の習慣や運動不足によって疲労が蓄積されて起こってきます。

鍼灸やマッサージでは疲労が蓄積されて凝った筋肉をほぐす事によって血流がよくなり、血液の中に溜まっていた疲労物質が流れていくので身体が楽になっていきます。

痛みやコリなどがある方や定期的にケアをされている方が多いです。

急性期と慢性期では鍼灸とマッサージどちらがいいの?

痛めた直後と慢性的な痛みって実は同じ痛みでも対処方法が全然違います。

セルフケアでとても多い間違いが温めてしまうということです。(慢性の炎症には温めるのはとてもよいのですが、急性の場合は痛みがよけ酷くなるので注意が必要です。)

慢性の腰痛を持っている方がぎっくり腰などの急性の腰痛になることもあるのでいつもの腰痛だと思って、お風呂やカイロで温めてしまって悪化してしまう方がとても多いです。

教科書的にいうと痛めてすぐの時はズキズキ痛んだり、鋭い痛みだったりします。逆に慢性的に痛みがある場合は重だるかったり、凝っている感じの痛みだったりします。

でも、実際痛みの感じ方は個人個人違うので痛みが急に出た時の何日間かは温めない方がいいですね。

では、急性期と慢性期の鍼灸とマッサージについて書いていきたいと思います。

ぎっくり腰や首の寝違いなどの急性期の痛みに対してマッサージは温めるのと一緒で血液の流れがよくなって悪化してしまう事があるので厳禁です。

鍼灸は鎮痛効果や筋肉の緊張を抑えられるためぎっくり腰や寝違いなどの急性期でも大丈夫です。

症状がひどい方、筋肉の緊張がとても強い方は数回通われて症状を改善させる方がいいです。また初回はだるさが出てしまう方もいらっしゃいますが、その方が早いと思います。

慢性期の症状に関しては鍼灸でもマッサージでも大丈夫です。

鍼灸とマッサージどっちが効くのっていう事をよく質問されますが、「鍼の方がよく効くけど、気持ちいいのはマッサージ!」という風に答える方が多いです。

今までマッサージチェアーでだましだましやってたけど、鍼灸を受けてから下を向くのに痛みがなくなったとか、立って靴下履けなかったのが履けるようになったなど言われる方も多いです。

あと、マッサージは施術した直後がピークなのに対して鍼灸は鍼を刺す事によって目に見えない小さな傷を作ってその傷を3日くらいかけて修復します。

その間その部分の血液の流れがよくなるのでコリや痛みに作用します。

鍼灸は初めて受けるんですけど、大丈夫ですか?

鍼灸を受けに来られる多くの方は鍼を受けられるのが初めての方です。

マッサージにしても鍼灸にしてもその施術所もっといえば施術者一人一人施術方法が異なります。

鍼灸に対しての考え方や得意の疾患、鍼の刺し方、刺激量、鍼の置く時間などなど全く違います。

私は運動器疾患と美容鍼をしていますが、内科疾患や自律神経疾患を得意とされている鍼灸師もいますし、中医学的、東洋医学的に診断される先生や、私のように西洋医学的に施術する鍼灸師もいます。

その方にあった鍼灸師を探す事が大切だと思います。

さいたま市北浦和つくし鍼灸マッサージ院の鍼灸の考え方

埼玉県さいたま市北浦和のつくし鍼灸マッサージ院の特徴は鍼は指では届かない筋肉に対してアプローチする事によって症状を改善させる事ができると考えています。

肩こりや腰痛、変形性膝関節症などの膝の痛み、四十肩などの肩関節周囲炎などで湿布やマッサージで改善されない方が沢山おられます。

例えば変形性膝関節炎などでも変形している膝は治すことは出来ませんが、痛みを緩和したり、膝の周囲にある筋肉の血流を良くする事により筋肉の状態をよくしていったりはできます。

筋肉の状態がよくなることによって痛みにくくなたったり生活の質が向上していくことが多いです。

最近もあったのですが、変形性の膝関節炎と診断されて整形外科に通院していたけど、改善しないので、さいたま市のつくし鍼灸マッサージ院に来ました。

という方がいらっしゃいましたが、膝の感じを見ると変形はありますが、明らかに膝の状態以上に痛みがきつそうでした。

その方は膝関節周囲や大腿四頭筋などの鍼灸の施術でだいぶ普通に歩ける様になりました。

以前は少し歩くと痛みで休まないと歩けないし、歩くスピードも遅かったということなので、かなり喜んでいただけました。

レントゲン上などで異常がないにも関わらず痛みやだるさなどを訴えられる方が多くおられますが、実はその中の多くは不良姿勢や使いすぎによる筋肉の過緊張によるものが多いです。

残念ながらレントゲンでは筋肉の異常を発見することが出来ません。

そして、表層にある筋肉ならばマッサージなどで改善することも多いですが、中には指では届かない深部の筋肉に原因があって慢性的な痛みやだるさを訴えられている方がとても多くおられます。

そこで当院では解剖学的に安全な部位に生理学的に筋肉がしっかり緩むまで鍼を置いておく事によって、不快な症状の原因となっている深層の筋肉(インナーマッスル)までしっかりと施術をします。慢性的な痛みでお悩みの方は当院のズーンとした感覚(得気)のある鍼の施術が良く効きます。

鍼の施術

料金について

当院ではコースにより料金を設定しています。。1回1コース4500円です。2つ以上のコースを受けられる方は1コースにつき500円ごといただきます。

現在美容鍼は他のコースとの併用は考えていません。

コースは

肩凝りコース (首から肩にかけて重点的に施術します)
腰痛コース (腰から殿部にかけて重点的に施術します)
膝痛コース (太ももや膝周辺を重点的に施術します)
四十肩コース (痛みが出ている側の首から腕にかけて重点的に施術します)

となっています。その他リクエストがありましたらご相談ください。

ご予約やお問い合わせ、施術料金のご確認などは下記のメッセージフォームかお電話にてお気軽に問い合わせください。

メニュー料金お問い合わせフォーム

さいたま市北浦和つくし鍼灸マッサージ院の行き方

さいたま市のつくし鍼灸マッサージ院ではさいたま市浦和区や中央区以外のさいたま市以外に大宮やさいたま新都心、川口、蕨などの京浜東北線沿いや上尾、川越、戸田などの埼玉県内や都内、他県からも足を運んでくださっています。

電車での行き方

京浜東北線の北浦和駅が最寄りなので高崎線の方をご利用の方は大宮駅か浦和駅で乗り換えてください。

北浦和駅の西口より徒歩5分くらいで到着します。

北浦和駅西口を降りると右手に埼玉りそな銀行があるので埼玉りそな銀行に沿って歩いて行くと(北浦和ハッピーロード)信号があります。

信号を渡り、そのままふれあい通りを進んでいただくと右側にかわしん(川口信用金庫)があります。

かわしんの斜め前のビルの2階にさいたま市北浦和のつくし鍼灸マッサージ院があります。

1階はポーラさんが入られています。

お車での行き方

お車でご来院される方はイオン北浦和店の屋上の時間貸しのコインパーキングに停められるか、さいたま市つくし鍼灸マッサージ院の前にコインパーキングに停める2つの方法があります。

イオン北浦和店は1時間無料、更に2000円以下の買い物でもう1時間無料になります。

さいたま市北浦和のつくし鍼灸マッサージ院の前のコインパーキングは20分100円です。

一方通行なので国道17号から入ります。大宮方面から来た方はセブンイレブンを右折して入ってきてください。

浦和方面の方はセブンイレブンを左折してください。

イオン北浦和店からの行き方

イオン北浦和店からエレベーターを降りていただいたら右方向に行くと東側の出口に出て、前に常盤郵便局があります。

常盤郵便局の前が北浦和ふれあい通りなのでその通りを駅の方向に向かって歩いて行くと川口信用金庫(かわしん)があります。

そこの斜め前のビルで1階がポーラさんです。

分からない場合は遠慮なくご連絡ください。

つくし鍼灸マッサージ院鍼灸系コンテンツ

  • 鍼って恐くて痛いものですか?

    鍼って言うと注射針を想像される方が多いですが、実際は髪の毛くらいの太さの鍼を刺します。そういう鍼のことなどを書いています。

  • 肩こりについて

    このページでは肩こりについてや肩こりの原因について書いています。

  • 鍼はなぜ効くのか?

    このページでは鍼がなぜ効くのかというのをちょっと難しいですが、簡単にわかりやすく書いています。

  • 肩こりについて

    このページでは肩こりについてや肩こりの原因について書いています。

  • 大腰筋について

    このページでは当院の特徴である大腰筋について書いています。

つくし鍼灸マッサージ院鍼灸コラム

ページの上へ