つくし鍼灸マッサージ院の美容鍼で大切にしている事

美容鍼を始めたきっかけ

最近では美容鍼はとても認知度が上がってきましたが、私が美容鍼を知ったのは鍼灸の学生だったころで今よりも認知度も低く、美容鍼を取り入れている鍼灸院も殆どありませんでした。

そんな中、顎関節症で来られていた方の施術をしていくに従ってフェイスラインがどんどんすっきりしていった時に患者様からこの顎関節症の施術を受けてから周りの人から痩せた?って言われるようになったんです。これって鍼灸と関係ありますか?という事を言われました。

その当時はまだそんな知識も乏しかった為、もしかしたらあるのかもしれませんね。という風で終わったのですが、顔面神経麻痺自体は治っているけど、顔が疲れやすい方や眼精疲労などで顔に鍼を打つ事があったのですが、同じような事を言われる事が何度かありました。

そこから色々研究を重ねて現在の美容鍼のスタイルにたどり着きました。

つくし鍼灸マッサージ院の美容鍼で大切にしている事

つくし鍼灸マッサージ院の美容鍼では

1.筋肉をほぐす

2.血液の流れをよくする

3.コラーゲンやエラスチンの分泌を促す

という考えにたどり着きました。

1.筋肉をほぐす

顔には表情筋や咀嚼筋という筋肉があり、いろんな表情をしたり、喋ったり、ご飯を食べたりしています。

もちろん筋肉なので凝ったり、疲労もしてきますし、年齢とともに衰えてもきます。

例えば、目が疲れて目が開けづらい時なんかは目の周囲の筋肉やおでこの筋肉が緊張します。美容鍼ではおでこや目の周囲の筋肉に鍼を刺して筋肉の緊張をほぐしてあげると目が開きやすくなりますし、眼精疲労が改善します。

また、加齢や使わないことで筋肉が萎縮してできるシワの代表はほうれい線ですね。

ほうれい線は口元の皮膚がたるんだり、頬の筋肉が萎縮し、頬の脂肪を支えられなくなって落ちてきてほうれい線になってきてしまいます。

特にほうれい線は年齢が老けて見えやすくなるため、早めの対策、ケアが必要になってきます。

美容鍼で表情筋の柔軟性を高め、頬の筋肉に血液の流れをよくして栄養を与えて筋肉のコンディションをあげてあげる事が大切になってきます。

あいうえお体操(ストレッチ)なども日ごろからしていただけるとより効果が出やすくなると思います。

よく顔の筋トレをして余計シワが深くなったという方がいらっしゃいます。

顔の筋肉は鍛えれば鍛えるほどシワが深くなってしまいます。動かすことは大切ですが、鍛えるよりは柔軟性を高めてあげるというイメージを持っていただける方がいいと思います。

2.血液の流れをよくする

血液の流れをよくするのには

・美容鍼を刺す事によって目に見えない小さな傷ができ、そこを修復する過程で血液の流れがよくなる

・筋肉が柔らかくなる事によって筋肉の中を走っている血液の流れがよくなる

この2つがあります。

傷を修復する過程で血液の流れがよくなるとむくみやくすみ、くまなどの血行不良によって起こるものが改善していきます。

筋肉の中を流れる血液の量が増えると血液から筋肉の栄養をもらうので筋肉のコンディションを保つ事が出来ます。

また、肌を栄養するのもこの筋肉の層を流れている血液から運ばれてくるので肌にも栄養が沢山いくので肌荒れやニキビ、美肌効果が見込めます。

3.コラーゲンやエラスチンの分泌を促す

コラーゲンやエラスチンっていうキーワードはよく聞きますよね。

美容鍼では三陰交というツボを刺激すると卵胞ホルモンの一種であるエストラジオールの分泌量が増えるという反応と皮膚が傷を修復する時にコラーゲンやエラスチンが分泌される反応を利用してコラーゲンやエラスチンの分泌アップをさせます。

三陰交というツボを刺激するとエストレジオールの分泌が増大することが研究の結果わかってきています。

女性の方は経験的に生理が終わってから排卵までの卵胞期に肌の調子が良くなることが多いのではないでしょうか?

これは卵胞ホルモンが関係していてコラーゲンやエラスチンの分泌量がアップするのでお肌の調子がよくなっていくのでこの反応を利用するために足のツボにも鍼を刺します。

傷が修復する過程でもコラーゲンやエラスチンが分泌されます。

これは皮膚が傷ついた時に今までより強いお肌を作る為に分泌されるといわれています。

美容鍼では傷の修復過程にコラーゲンとエラスチンが分泌されるという身体の元々持っている反応を利用する事によって長期間にわたり美しい肌を維持できるようにしていきます。

コラーゲンは40代に入ると20代の頃の分泌量まで減ってしまいます。

ただ、全くなくなるのではなく、心臓の筋肉や軟骨など生命維持に必要なものに優先されてしまう為、お肌にはなかなかコラーゲンが回ってきません。

美容鍼ではこの反応を利用してコラーゲンをおすそわけしてもらいます。ただ、ここでおすそわけされるくらいで生命の維持とかに影響は全然ないのでご安心ください。

コラーゲンは線維状のタンパク質で網目の様になっていて保湿の役割をしています。

コラーゲンが沢山分泌されていると網目が細かく、あまり分泌されていないと網目が粗くなってしまいます。

網をイメージしてもらってその網の中に水を入れた時に細かい網の方が水分が逃げにくいのは想像しやすいですよね。

コラーゲンが沢山分泌されたお肌は保湿力の高い肌になるので美容の為にはとても大切と言われています。

エラスチンはコラーゲンの網目状部分を結び付けていてお肌の張りや弾力を保つために必要になってきます。

美容鍼は20代や30代の方というイメージがある方が多いですが、40代や50代それ以上の方にもオススメな理由がここにあります。

また、コラーゲンとエラスチンに関しては鍼を打ってすぐに出るものではありませんが、美容鍼をすぐやめるのではなく、スキンケアの一つとして続けていただきたい理由の一つです。

美容鍼をされている鍼灸院ごとに様々なこだわりや大切にしている事がありますが、つくし鍼灸マッサージ院では筋肉、血液の流れ、コラーゲンとエラスチンの分泌という事に重きを置いて施術をしていき、患者様の期待にこたえるようにしていきます。

ご予約・お問い合わせについて

ご予約やお問い合わせ、施術料金のご確認などは下記のメッセージフォームかお電話にてお気軽に問い合わせください。

メニュー料金お問い合わせフォーム

つくし鍼灸マッサージ院美容鍼灸系コンテンツ

つくし鍼灸マッサージ院鍼灸治療系コラム