つくし鍼灸マッサージ院の美容鍼の特徴

美容鍼に限らずその店舗ごとにそのお店のこだわりや特徴などがありますよね。

ラーメン屋さんだったら醤油味や味噌味、とんこつ味などなど・・・。味はあっさりなのかこってりなのか麺は太麺なのか細麺なのかストレート麺なのか縮れているのか、具は、サイドメニューは?といったように同じラーメンだけでも様々な違いがあります。

美容鍼にしても本当にその鍼灸院によって全然施術している内容が違います。

東洋医学的な考え方をしているかや鍼の本数や太さ、深さ、鍼を置く時間、止血にかける時間、エステなどのメニューをしているかなどなど・・・。

ここでは私の考えているつくし鍼灸マッサージ院の美容鍼の特徴を書いていきたいと思います。

つくし鍼灸マッサージ院の美容鍼は筋肉をターゲットに美容鍼をしています

まず、つくし鍼灸マッサージ院の美容鍼では東洋医学的診断ではなく、私はここの筋肉が緊張する事によってシワができたりたるみができる。

その原因になっている筋肉がここだからこの筋肉を緩める事によって改善させていこう。という考えから美容鍼をしていきます。

つくし鍼灸マッサージ院の美容鍼の鍼の本数は?

鍼の本数も本当に鍼灸院によって違いますよね。

鍼の本数が少ない美容鍼もありますが、つくし鍼灸マッサージ院の美容鍼では鍼の本数を多くする事によって効果をだしていきます。

理由は顔にはたくさんの筋肉があり、少ない本数ではその筋肉をカバーできず、幅の広い筋肉や硬い筋肉には同じ筋肉でも何本も鍼を刺すことで効果を出していくために本数が増えてしまいます。

つくし鍼灸マッサージ院の美容鍼の鍼の太さは?

鍼の太さはつくし鍼灸マッサージ院ではあまり太い鍼は使用していません。

恐らく美容鍼の中では1番多く使っている鍼の太さではないでしょうか。

鍼の太さを決める時に私は無理やり入れないと入らない時や曲がってしまう時に太くするようにしています。

そうすることによって身体に負担をかけることなく美容鍼を受けて頂けます。

美容鍼に使用する鍼は身体に使用する鍼に比べるとだいぶ細い鍼で髪の毛位の太さなので安心して美容鍼の施術を受けて頂けます。

つくし鍼灸マッサージ院の美容鍼での鍼の太さは?

鍼の深さは美容鍼の鍼自体が短いのですが、少し奥にある筋肉まで刺します。

他の治療院と見てるとこの辺りも違いがあると思っています。

それは原因になっている筋肉が奥にある事が多いためです。エステや美顔器など顔の表面をケアするにはとてもいいですが、奥の筋肉には刺激が届きにくいという欠点もあります。

奥の筋肉を効率よくほぐすには美容鍼はとても優れていると考えています。

ただ、あまり刺激に強くない方などは浅めから打っている方もいますし、それでも喜んでリピーターになられている方も多数いるので、刺激がきついと思ったら浅めからでもできるので安心して施術を受けて頂く事が出来ます。

つくし鍼灸マッサージ院の美容鍼の置いておく時間は?

鍼の置く時間は長めにとっています。元々私が教わった鍼灸の先生は筋肉をほぐすという事にとても長けていて、その理論を美容鍼に取り入れている為、鍼は長めに置くようにしています。(ただ鍼を長く置いただけではないんですけどね)

鍼の本数が多かったり、深く刺したり、鍼の置く時間が長くなると出血や内出血のリスクが当然高くなります。

そのリスクを減らす為につくし鍼灸マッサージ院では一つ一つ丁寧に止血しています。

全く内出血がゼロというわけにはいきませんが、そうすることによってかなり内出血は減っています。

つくし鍼灸マッサージ院の施術時間が他の鍼灸院に比べて時間が長くなってしまうのはこのためなのです。

つくし鍼灸マッサージ院はエステなどはしていますか?

エステなどを取り入れられている美容鍼も多いですが、つくし鍼灸マッサージ院ではエステをしたりとかお化粧品を購入していただいたりとかいう事はありません。

エステを受けられる事に関してはスキンケアをしていく中でとても重要だとは思いますが、つくし鍼灸マッサージ院の美容鍼では筋肉を充分ほぐしているのでできれば施術当日はフェイシャルエステなどは避けて内出血がない様であれば翌日以降にお受けいただける方がよいと思います。

いかがでしたか?少しはつくし鍼灸マッサージ院の美容鍼の特徴を理解していただけたでしょうか?

ご予約・お問い合わせについて

ご予約やお問い合わせ、施術料金のご確認などは下記のメッセージフォームかお電話にてお気軽に問い合わせください。

メニュー料金お問い合わせフォーム

つくし鍼灸マッサージ院美容鍼灸系コンテンツ

つくし鍼灸マッサージ院鍼灸治療系コラム